赤い靴
1番
   赤い靴 はいてた
   女の子
   異人さんに つれられて
   いっちゃった
2番
   横浜の 埠頭から
   船に乗って
   異人さんに つれられて
   いっちゃった
3番
   今では 青い目に
   なっちゃって
   異人さんの お国に
   いるんだろう
曲の由来
作詞 野口 雨情(1882〜1945)
作曲 本居 長世(1885〜1945)

 野口雨情は、童謡・民謡の作詞を多数手がけ、「七つの子」、「波浮の港」、「青い目の人形」などは、現在に至るまで広く愛唱されている。

 本居長世は、本居宣長の子孫で、「七つの子」、「青い目の人形」などの野口雨情の詩に曲をつけたり、「汽車ポッポ」などの親しみやすい多くの作品をつくっている。

 さて、「赤い靴」をはいた少女は誰だろうか。
 横浜市の山下公園に、船をつなぐピットに腰掛けて、遠く海を見つめる赤い靴の少女像があることは、ご存じかもしれないが、実は清水市日本平の山頂にも「母と向き合う少女像」があるのです。

 少女は清水市出身の「岩崎きみ」さんです。
 こちらもご覧ください。