日本橋物語

日本橋は、日本橋川にかかる橋で慶長8年(1603)にかけられ擬宝珠(ぎぼうし)の欄干がある木橋で有名。現在の橋は明治44年(1911)に開通したアーチ式石橋である。橋の中央に道路元標の柱、たもとに元標(写真の右上)があり、日本の道路の起点である。

江戸時代、高札場、罪人のさらし場があつた。また北岸には魚河岸(写真の右下、今の魚河岸にリンク)があって、広重も賑わいを描いている。この魚河岸は関東大震災まであった。日本橋付近は富商が黒塗り土蔵の店を構えた商業の中心地で、それは今もつづく。