湧きあがる柿田川湧水群

柿田川湧水群は、北方40キロ離れた富士山に降った雨や雪が数ヶ月から数千年かけて地下水となって駿東郡清水町八幡に湧きあがる。

伏流水は三島溶岩流の中を流れてここで崖や川底から湧出した。


湧水口は数十箇所もあって水量は一日で100万トン、水温は約15度である。


この水は、県東部の沼津、三島、熱海、函南、清水の3市2町35万人の飲料水や工業用水の水源になっている。

柿田川湧水群:駿東郡清水町八幡

柿田川ライブカメラ(国土交通省沼津工事事務所)
http://www.nwo.go.jp/kakita/kakita.html