東海道第12宿 沼津宿

夕暮れ時に狩野川沿いに宿に急ぐ。
白装束は四国の金毘羅参り
大きな天狗の面を背負う。
その前は、母娘の抜参りか。

本陣  3
脇本陣 1
旅篭屋 55
総戸数 1234

 

沼津市のページ

面影消えた沼津城址

ここに眠る若山牧水

緑のベルト千本松原

歴史の証言・明治史料館
沼津は狩野川に沿って伸びた町、広重の版画のように湾曲して海にそそぐ。