祈願成就あらたかな事任八幡宮

事任(ことのまま)八幡宮は、平安初期の武将で蝦夷(えぞ)征伐で東国に下った坂上田村麿の創建といわれる式内社である。

境内はうつそうとした杉の大樹が茂り古代の神域を感じさせる。


この八幡宮は、願い事が「そのままかなう」神社として知られ、「枕草子」の清少納言は
ことのままの明神、いとたのもし

といったという由来があって、いまなを庶民の信仰を集めている。