桶狭間で今川義元 討死

永禄3年(1560)、駿河、遠江、三河のニ万五千の大軍を擁し今川義元は西上の途についた。
5月19日桶狭間の田楽ケ窪に休息中の義元本隊を、織田信長軍が急襲し総大将義元は討ち死し、今川勢は総崩れとなった。

桶狭間古戦場公園と今川義元の墓


歴史の大転換点の合戦跡は、現在公園になっていて今川治部大輔義元の墓がある。ここは以前塚であったが明治9年有松の住人山口正義が主唱して墓を建立した。

徳本行者(文化文政年代)の建立


付近には、敵味方の霊を弔う小塔もあって歴史を変えた合戦の跡をしのばせる。

また、田楽狭間を見下ろす高台に戦人塚がある。塚は当時の戦死者2500余人を悼んで葬った塚といわれている。

戦人塚


現存の石碑は、元文四年(1739)の義元180回忌の供養祭に建立されたものといわれ、歴史を今に伝えている。