打ち興じながら行くほどに、早くも日永の追分にいたる。
ここの茶屋には饅頭の名物がある。
 (追分:四日市の宿から間もなくの、東海道の京都への道と伊勢参宮道との別れ道で、大鳥居があった。弥次郎と喜多八はここから参宮道に入る)

真っ直ぐは伊勢へ、右は京都にいく

茶屋女「お休みなさりやァせ、お休みなさりやあせ。名物の饅頭のぬくといのをあがりやあせ。お雑煮もござります」

喜多「右側の娘が美しいの」
弥次「饅頭もやらかしてみよう」
茶屋女「いまあげましょう」
と、やがてお盆に盛って来る。

そのうちに、金毘羅参りの男、同じくこの茶屋で一休み、雑煮餅を食いにかかる。
弥次郎は饅頭を食い終わって、
 弥次「もっとやろうか、いくつでも入るようだ」

金比羅参り「あなたがたあ お江戸かな」
喜多「さようさ」
金比羅参り「わたくしもお江戸にいた時、饅頭を賭けをやって二十八食ったことがござりましたが、また格別なものじゃ」
弥次「毎日茶うけに、五六十ヅツは食いやす」

金比羅参り「それはえらいお好きじゃ。わたくしも餅が好きで、ご覧じませ。この雑煮をいきなり五膳食べました」
弥次「わっちやあ いま、ここの鰻頭を十四、五も食ったろうが、まだそのくらいはいけるだろう。まだまだ いくらでも入りやす」

金比羅参り「コレハ面白い。モシ失礼ながら、なんとわたくしがお振る舞い申しましょう。もうそれだけ上がってご覧じませぬか」
弥次「食いやしょうとも」
金比羅参り「もし上がらぬと、あなたのお倒れの損じやが、ようござりますか」
 

弥次「そりゃ知れたことさ」
 と、調子に乗って饅頭を取り寄せて食い始めたが、十ばかり食って、後はおくびと一緒に食った饅頭が口から出るほどだったが、おのれ金比羅参りめ、鼻をあかせてやろうと、無理にも押し込んで、とうとうみんな食ってしまう。

金比羅参り「こりや たまらぬ。えらいえらい。もうもう、わたくしはかないませぬ」
弥次「おめえもやらかしてみなせえ。こんな小さいものは、いくらでも食われる」

そこで、男は饅頭をニ十取り寄せ、残らず食べてしまう。掛け金の約束は二百文だ。

弥次「さあさあ 今度は現銭だ。おめえも二百そこへ出しておきな」
と、弥次郎は三百文を突き出し、なんでも今取られた二百文を、利子をつけて取り返す気になって、よもやもう食えめえと思い込んで、饅頭をまたまた二十取り寄せる。

金比羅参りは、今度はすすめられるや否や、なんの苦もなく、たちまち二十を食ってしまって、手早く弥次郎の三百文を着服して、
金比羅参り「これは有り難い。饅頭の代金もよろしく払いをお頼み申します。
・・・・・思いがけないお手数をかけました。ハイごゆるりと、これにて」
 と、後をも見ずに出て行ってしまう。弥次郎はあきれはてて見送るばかり。         
 そのうちに下の方から、駕篭かきがぶらぶらとやって来て、
駕篭かさ「旦那がたは、お駕篭はいらしゃりませぬか」
弥次「駕籠どころじやあねえ。えらい目にあった。饅頭の食いごっこをして銭三百ただ取られた」

駕篭かき「はあ・・・今の金比羅めじゃな。あいつめは、大津の釜七と言うえらい手品使いじゃげな。このあいだも坂の下で、餅の食いくらべで、七十八とやら食ったと見せて、餅をばみんな手品で袂にさらい込んで、失せたと言うことじや。旦那も一杯はめられなさったの。・・・・・・」

日永の追分

 この話の間に、伊勢参りの子供たち、饅頭を三ツ四づつ手に持って食いながら、茶屋の門口にきた。
喜多「これ 手めえたちやあ、その饅頭を誰にもらった」
伊勢参り「はい、さっき金比羅参りの人が、袂から出してくれました」

盗人に追分なれや饅頭の あんのほかなる初穂取られて

弥次さん喜多さんはこれより伊勢参宮道に入る。

私たちは、京の道を急ぐ。また京都で弥次喜多に会いたいものである。